スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝性難聴の原因タンパク質を解明 京大病院の研究チーム(産経新聞)

 内耳の細胞に生えた毛の毛根が、遺伝子の変異で形成されないことが遺伝性難聴の原因の1つになっていることを、京都大学付属病院の北尻真一郎助教(耳鼻咽喉科学)らの研究チームが突きとめ、28日付(日本時間)の米科学誌「セル」(電子版)に発表した。

 内耳には渦巻き状の管があり、毛根を持つ「不動毛」が生えた有毛細胞が並んでいる。音(空気の振動)がこの毛を揺らすことで神経細胞に電気信号が伝わり、脳が音を感知するが、毛根ができないと不動毛が安定せず、この仕組みがうまく働かないことを明らかにしたという。

 チームは、内耳にある「TRIOBP」と呼ばれる遺伝子が働き、繊維を束にしてこの毛根を形成することを発見。遺伝性難聴患者の血液を解析するなどし、この遺伝子に変異があることも確かめた。

 北尻助教は、遺伝性難聴だけでなく、多くの難聴は「不動毛」の根本の異常がみられるとした上で、「研究を進め、さまざまな難聴の治療法を確立したい」としている。

【関連記事】
「薬があるのに使えない」難病に立ち向かう子供たち
滲出性中耳炎 放置すると重症化、髄膜炎などの合併症も
細胞の状態を色で表すタンパク質を開発 京大研究チーム
アキレス腱発達の遺伝子を発見 治療法開発に道も
ハンチントン病、原因はDNA修復障害 実験で確認

<窃盗>家電製品盗み中国籍3人逮捕 被害総額1000万円(毎日新聞)
車両燃え、男性死亡=タクシー運転手か―神奈川(時事通信)
娘の点滴に水道水混入 母親に懲役10年判決(産経新聞)
「辺野古」は現行案でない、環境に配慮…首相(読売新聞)
ふるさと納税、申し込み相次ぐ=2週間で2200万円―宮崎県(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。